インドネシアの政治社会構造

アジア経済研究所 [編]

[目次]

  • 目次
  • あいさつ 東畑精一
  • 総括 板垣與一 / p3
  • 第1章 インドネシア政治社会の基本構造-その「ダェラ」的不均衡を中心として- 西野照太郎 / p11
  • 第1節 分解視点としての「ダェラ」の概念 / p11
  • 第2節 インドネシア革命の不徹底性 / p13
  • 第3節 政党結成の基盤としての「ダェラ」 / p23
  • 第4節 中部ジャワの政治社会構造 / p36
  • 第5節 ビンネカ・ツンガル・イカ(Bhinnekea Tunggal Ika) / p52
  • 第2章 種族主義とナショナリズム 有吉巌 / p57
  • 第1節 種族主義発生の歴史的背景 / p57
  • I 民族の種族的構成と地方分布,宗教および言語 / p57
  • II オランダの植民地政策 / p63
  • III オランダ統治下における地方行政制度 / p69
  • 第2節 独立後における種族主義からみた政治動態の分析 / p79
  • I インドネシア連邦共和国による独立の実態 / p79
  • II 連邦共和国の解体と単一共和国の樹立をめぐる種族勢力の動態 / p84
  • III 単一共和国樹立後における政情 / p92
  • IV 第2次アリ内閣以後の政情 / p98
  • V 独立後における地方制度と種族勢力のあり方 / p105
  • 第3章 インドネシア共産党の地位と役割 増田與 / p117
  • 第1節 「指導される民主主義」と共産党 / p117
  • I ナサコム=カリヤ(NASAKOM=karja)への道 / p117
  • II 統一戦線政策の性格 / p118
  • III 民族3つの側面からの接近 / p120
  • 第2節 民族統一戦線の前史 / p121
  • I ゲリンド(Gerindo),共産党,国民党 / p121
  • II ガピ(Gapi)の成立,活動,崩壊 / p125
  • III ガピ(Gapi)の限界 / p129
  • 第3節 民族統一戦線の形成過程 / p132
  • I 不安定な均衡の象徴としてのスカルノ / p132
  • II 第1の局面(1951~57)-党建設と民族統一戦線政策の推進 / p133
  • III 第2の局面(1957~58)-反植民地主義闘争の新展開 / p136
  • IV 第3の局面(1958~59)-軍の台頭と党組織の強化 / p139
  • V 今後の展望 / p143
  • 第4節 民族統一戦線と農民政策 / p145
  • I 農民政策の重要性 / p145
  • II 新旧農業綱領の比較 / p146
  • III 農民政策の明確化への努力 / p151
  • IV 農村調査と第1回全国農民大会 / p155
  • V 土地改革の農民的路線とスカルノ政権 / p157
  • 第5節 民族統一戦線と連合政府(結び) / p161
  • 第4章 軍の実態とその役割 宮山滋夫 / p165
  • 第1節 国軍形成の経緯とその実態 / p165
  • I 軍事組織の成立 / p165
  • II 軍事組織の実態 / p168
  • III 国軍の成立 / p173
  • IV 国軍をめぐる諸問題 / p177
  • 第2節 軍の社会的機能 / p180
  • I ナショナリズムの仲介者として / p180
  • II ナショナリズムの妨害者として / p183
  • III イデオロギーと政治性の問題 / p188
  • IV 軍の合理化と復員軍人の問題 / p190
  • 第3節 政治の動向と軍の役割 / p194
  • I 10月17日事件と6月27日事件 / p194
  • II ルビス(Lubis)運動と地方軍部の反中央活動 / p198
  • III 軍の進出と「指導される民主主義」 / p202
  • 第4節 民族の形成と軍の役割 / p208
  • 第5章 「指導される民主主義」 岸幸一 / p211
  • 第1節 「指導される民主主義」の形成過程 / p211
  • I 「指導される民主主義」提唱の背景 / p211
  • II スカルノ構想の思想的基礎 / p216
  • III スカルノ構想に対するハッタの批判 / p217
  • 第2節 「指導される民主主義」と機能グループ / p219
  • I 国民評議会の形成と反応 / p220
  • II スカルノ政党縮小論 / p222
  • III 機能グループ構想と政党 / p224
  • 第3節 「指導される民主主義」と憲法 / p227
  • I 1950年憲法 / p228
  • II 制憲議会における憲法草案 / p229
  • III 1945年憲法への復帰 / p232
  • 第4節 1945年憲法への復帰の反響 / p244
  • I 政治的反響 / p245
  • II 社会経済的反響-とくにハッタの批判的見解 / p248
  • 第5節 「指導される民主主義」の将来的展望 / p255
  • 索引 / p261

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 インドネシアの政治社会構造
著作者等 アジア経済研究所
書名ヨミ インドネシア ノ セイジ シャカイ コウゾウ
シリーズ名 調査研究報告双書 ; 第13集
出版元 アジア経済研究所
刊行年月 1961
ページ数 283p
大きさ 22cm
NCID BA45041059
BN02842047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61010598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想