アラブ諸国の社会経済機構

アジア経済研究所[編]

[目次]

  • 目次
  • あいさつ 東畑精一
  • 報告書概要 / p3
  • 総論 前嶋信次 / p9
  • I アラブ社会の特徴 / p9
  • II 低開発国としてのアラブ地域 / p11
  • III 低開発の原因 / p26
  • IV 社会的不均衡 / p29
  • V 近代化への努力 / p37
  • VI 近代化の可能性 / p48
  • 第1章 近代化制約の事情とその解決 / p55
  • 第1節 アラブ社会における部族制 岩永博 / p55
  • I 遊牧部族の構成と分布 / p55
  • II 遊牧部族の転化形態 / p75
  • III アラブ諸国の近代化運動と部族問題 / p79
  • 第2節 イスラム法の問題 遠峰四郎 / p93
  • I イスラム法の基本的概念 / p93
  • II 近代生活とイスラム法 / p103
  • III 家族法の諸問題 / p112
  • IV アラブ諸国を中心とする法的傾向 / p130
  • 第2章 近代化促進の諸事情 / p139
  • 第1節 農業開発と近代化 岩永博 / p139
  • I 農業の停滞性と近代化の主課題 / p139
  • II 人工灌漑の形態と意義 / p151
  • III イラクにおける灌漑計画 / p159
  • 第2節 アラブ・ナショナリズムの経成過程 西野照太郎 / p166
  • I アラブ世界の後進地域化 / p168
  • II 英仏の影響による変化-スエズ運河開通前後 / p174
  • 第3節 第1次大戦と石油開発-いわゆる「アラブ革命」に関する批判- / p189
  • 第4節 イスラエル建国とアラブ民族統一-「アラブ革命」の不徹底性と不均等性について- / p200
  • 第3章 アラブ連合共和国における近代化政策の現段階-社会主義・民主主義・協同主義について-板垣雄三 / p211
  • 第1節 問題の前提 / p211
  • I 近代化の意味について / p211
  • II エジプト革命政権の政策 / p215
  • III エジプト開発プランの立案機関 / p229
  • 第2節 社会主義・民主主義・協同主義の分析 / p233
  • I 構想の内容 / p233
  • II プログラミングの諸契機 / p242
  • III 思想的背景 / p258
  • 第3節 経済開発において注目すべき問題 / p261
  • I 5カ年計画の一般状況 / p261
  • II 国家資本主義的な傾向 / p273
  • III 農業改革の新段階-協同組合と土地開発 / p279
  • IV 国民連合の役割と意義 / p281
  • 索引 / p285
  • 事項・人名索引 / p286
  • 表・図索引 / p297

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 アラブ諸国の社会経済機構
著作者等 アジア経済研究所
書名ヨミ アラブ ショコク ノ シャカイ ケイザイ キコウ
書名別名 Arabu shokoku no shakai keizai kiko
シリーズ名 調査研究報告双書 ; 第12集
出版元 アジア経済研究所
刊行年月 1961
ページ数 303p
大きさ 22cm
NCID BA38344899
BN02841973
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61010568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想