カントの社会哲学 : 共通感覚論を中心に

知念英行 著

本書は、『判断力批判』をめぐる最近の史料に吟味を加え、また認識論をめぐるスコットランダーとカントについての最新の文献史的研究事情をも参酎しながら、『第一批判』および『第二批判』に検討を加えたうえで、『第三批判』の中に社会哲学あるいは政治哲学の基本的フレームワークを探り当てようとするものである。なお、本書は昨年、京都大学で行なわれた社会思想史学会シンポジウムにおける報告原稿(第1章より第6章まで)を中心にして、それに若干補説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 カント研究の現状
  • 第2章 ドイツにおけるコモン・センス概念の変容
  • 第3章 カント倫理の内的構造
  • 第4章 社会哲学への序章
  • 第5章 生活世界への通路
  • 第6章 精神活動の新しい評価
  • 第7章 自律とコミュニケイション
  • 第8章 熟慮の出発点-スミスの場合
  • 第9章 普遍性における人間と多数性における人間
  • 第10章 公的領域への自由
  • 補論 デカルトの情念論-カッシーラーのデカルト論の紹介に代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カントの社会哲学 : 共通感覚論を中心に
著作者等 知念 英行
書名ヨミ カント ノ シャカイ テツガク
書名別名 Kanto no shakai tetsugaku
出版元 未来社
刊行年月 1988.12
ページ数 235, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4624010892
NCID BN02834297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89013993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想