条里制と荘園 : 伊勢湾西岸地域の歴史地理学的研究

倉田康夫 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 序説 伊勢湾西岸地域の歴史地理学的性格 / 3
  • 第一部 条里制と荘園研究の系譜的考察 / 7
  • 第一章 条里制の研究史 / 9
  • はじめに / 10
  • 第一節 条里制の研究史とその問題点 / 11
  • 第二節 伊勢湾西岸地域における条里制の研究史 / 42
  • 一 伊勢国条里制の研究史 / 42
  • 二 志摩国条里制の研究史 / 62
  • 第二章 荘園の研究史 / 71
  • はじめに / 72
  • 第一節 東寺領伊勢国大国・川合荘の研究史 / 75
  • 第二節 神宮領荘園の研究史 / 84
  • 第二部 条里制と荘園の歴史地理学的研究 / 105
  • 第三章 古代における南勢地域の歴史地理学的考察 / 107
  • はじめに / 108
  • 第一節 南勢地域における自然景観-宮川・櫛田川中・下流域の土地条件を中心に- / 109
  • 一 宮川中・下流域の土地条件 / 109
  • 二 櫛田川中・下流域の土地条件 / 111
  • 第二節 南勢地域の古墳分布と被葬者 / 114
  • 第三節 古代政権の拡大と南勢の地理的位置 / 129
  • 第四節 律令制下南勢三郡の地域的性格 / 140
  • 一 南勢三郡の成立とその統制 / 140
  • 二 神戸・神田の分布と形態 / 148
  • 三 南勢三郡における禰宜と神人層の動向 / 153
  • まとめ / 157
  • 第四章 伊勢湾西岸地域における条里制の歴史地理学的研究 / 163
  • はじめに / 164
  • 第一節 南勢三郡の条里制と集落 / 165
  • 一 条里制遺構の分布と復原 / 165
  • 二 「不連続」条里に関する若干の考察 / 174
  • 三 条里型集落の性格 / 205
  • 第二節 河曲郡条里制遺構の分布と問題点 / 214
  • 一 条里制遺構の分布と復原 / 214
  • 二 所謂「広幅」と「沈没」の条里について / 223
  • 第三節 飯高及び桑名・員弁郡の条里制遺構 / 236
  • 一 飯高郡条里制遺構の形態 / 236
  • 二 桑名・員弁郡条里制遺構の分布 / 241
  • まとめ / 246
  • 第五章 伊勢湾西岸地域における荘園の展開とその特長 / 253
  • はじめに / 254
  • 第一節 東寺領大国・川合荘の立地と展開 / 259
  • 一 荘園の成立と形態 / 259
  • 二 荘園の立地条件と河道の変遷 / 272
  • 三 荘園の一円化と抗争 / 276
  • 第二節 田堵・権禰宜層の存在と社会的機能 / 281
  • 一 田堵層の存在と成長 / 281
  • 二 大名田堵・権禰宜層の動向 / 288
  • 第三節 御厨・御園の分布とその発展 / 305
  • まとめ / 324
  • 第六章 条里制に基づく荘園の歴史地理学的考察-むすびにかえて- / 329
  • 関係論文成稿一覧 / 334
  • 索引 / 346

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 条里制と荘園 : 伊勢湾西岸地域の歴史地理学的研究
著作者等 倉田 康夫
書名ヨミ ジョウリセイ ト ショウエン
書名別名 Jorisei to shoen
出版元 東京堂
刊行年月 1976
ページ数 345p
大きさ 22cm
NCID BN02828680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73012679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想