科学随筆全集  第6 (化学の四季)

吉田洋一, 中谷宇吉郎, 緒方富雄 編

[目次]

  • 江上不二夫
  • 最初の有機物合成 / p9
  • 研究における自由度 / p12
  • 間違いをする細菌 / p16
  • 純粋科学としての生化学 / p18
  • 核酸と常識 / p22
  • 一科学者の歩み / p25
  • 日本エスペラント運動五十周年に当って / p32
  • 戦後はじめての欧州旅行から / p35
  • ソ連の学会に出席して / p41
  • チェコスロバキアの若い科学者たち / p46
  • フランスの友ルイ・ラプキンの死 / p50
  • 欧州自然科学における学問思想の自由の伝統 / p56
  • 小竹無二雄
  • 菱の実 / p69
  • 葛 / p74
  • もひ / p84
  • 羨ましき人々 / p93
  • 自思自嘲 / p100
  • いかさま科学 / p110
  • 泥棒 / p114
  • ビール漫談 / p118
  • エブリー・フール / p124
  • 雑魚のトト交り / p126
  • 千谷利三
  • 水は燃える / p129
  • ナメクジに塩 / p133
  • 炉辺にて / p142
  • 紫煙によせて/たばこの灰 / p151
  • 紫煙によせて/たばこの精 / p161
  • 分子の科学と原子の科学 / p170
  • 万事原子力時代 / p174
  • 科学的第一法則と第二法則 / p177
  • 電子殻の化学と原子核の化学 / p181
  • 口頭発表 / p184
  • シベリア鉄道の思い出 / p187
  • 日本酒礼讃 / p190
  • 松原行一
  • ある時の会話 / p193
  • 年の始め / p202
  • 本邦における化学なる名称の起り / p208
  • プリストレイと酸素の発見 / p214
  • アラバスター / p217
  • 舎密開宗 / p221
  • 水島三一郎
  • 妙な外国語 / p225
  • 床屋四重奏 / p228
  • 音痴ヨーロッパを行く / p232
  • 音と光の野外劇 / p239
  • 化学者の絵 / p242
  • ルルドを訪れて / p246
  • 人工衛星の犬の年齢 / p250
  • 欧米における科学研究の動き / p252
  • 構造化学こぼれ話 / p255
  • 基礎研究と開発研究 / p260
  • 基礎研究につづくもの / p272
  • 理論と実験 / p274
  • 三宅泰雄
  • ハーヴァード大学にて / p281
  • レーニン・スターリン廟参詣の記 / p290
  • 水とのたたかい / p296
  • ソ連の音・アメリカの音 / p301
  • 日本の雨 / p305
  • 真実の追求 / p312
  • 万物流転 / p316
  • 科学教育について / p323
  • 科学者気質 / p331
  • 著者略年譜 / p339

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 科学随筆全集
著作者等 三宅 泰雄
中谷 宇吉郎
千谷 利三
吉田 洋一
小竹 無二雄
松原 行一
水島 三一郎
江上 不二夫
緒方 富雄
書名ヨミ カガク ズイヒツ ゼンシュウ
巻冊次 第6 (化学の四季)
出版元 学生社
刊行年月 1962
ページ数 350p 図版
大きさ 20cm
NCID BN02828363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52003052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想