老子と現代物理学の対話 : 21世紀の哲学を求めて

長谷川晃 著

量子力学から宇宙物理学まで、最先端の物理学が究明する数々の真理。それがなぜ、老子や禅を始めとする東洋の哲学と一致するのか?西洋文明の転換が叫ばれる今、コロンビア大学教授であり、ATTベル特別研究員でもある著者が、深い考察をもとに明かす21世紀の哲学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 21世紀の哲学を求めて
  • 第1章 老子の思想が語る本来の道-小堀南嶺和尚に聴く(『老子道徳経・第一章』を読む
  • 『老子道徳経・第二章』を読む)
  • 第2章 現代物理学が明かす自然の原理
  • 第3章 老師と現代物理学者の対話-東洋と西洋を超えた新しい哲学とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老子と現代物理学の対話 : 21世紀の哲学を求めて
著作者等 長谷川 晃
書名ヨミ ロウシ ト ゲンダイ ブツリガク ノ タイワ
書名別名 Roshi to gendai butsurigaku no taiwa
シリーズ名 老子 (経典)
出版元 PHP研究所
刊行年月 1988.6
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 456922248X
NCID BN02826721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89017669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想