超音波心臓ドプラー法

北畠顕, 井上通敏 編著

"血流"という生体にとって最も重要な情報の一つを可視化し、病態診断・生理機能の解明に役立てようとして、始められた、超音波ドプラー法の開発は大阪大学産業科学研究所里村教授との共同研究に端を発し、永年にわたる努力と情熱に支えられ、心血管病変に伴う異常血流の検出、病態の定量診断に威力を発揮し、今や血管・血液レオロジーの研究と循環器疾患の診断に不可欠な計測技術として確立された。本書は、ドプラー信号を単にパターン分類・解釈に終わらず、流体力学的観点から理解すべく記述されたテキストである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 超音波ドプラー法の歴史
  • 超音波ドプラー法の原理・装置
  • 超音波ドプラー法のための流体力学
  • 超音波ドプラー血流計測法
  • 心・大血管における正常血流
  • 弁狭窄
  • 弁逆流
  • 人工弁
  • 心筋症
  • 虚血性心疾患
  • 短絡
  • 肺高血圧症
  • 心拍出量
  • 血流と心機能
  • アーチファクト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超音波心臓ドプラー法
著作者等 井上 通敏
北畠 顕
書名ヨミ チョウオンパ シンゾウ ドプラーホウ
出版元 丸善
刊行年月 1986.6
ページ数 282p
大きさ 27cm
ISBN 4621030868
NCID BN02812625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86048979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想