経済学・哲学草稿

マルクス 著 ; 城塚登, 田中吉六 訳

[目次]

  • 目次
  • 凡例 / p3
  • 序文 / p11
  • 第一 草稿 / p17
  • 〔一〕 労賃 / p17
  • 〔二〕 資本の利潤 / p39
  • (一) 資本 / p39
  • (二) 資本の利得 / p40
  • (三) 労働にたいする資本の支配および資本家の動機 / p45
  • (四) 資本の蓄積と資本家間の競争 / p47
  • 〔三〕 地代 / p62
  • 〔四〕 〔疎外された労働〕 / p84
  • 第二 草稿 / p107
  • 〔一〕 〔私有財産の関係〕-〔資本と労働との対立的関係、土地所有と資本との関係〕- / p107
  • 第三 草稿 / p119
  • 〔一〕 〔私有財産と労働〕-〔重商主義者、重農主義者、アダム・スミス、リカードおよびその学派の諸見解〕- / p119
  • 〔二〕 〔私有財産と共産主義〕-〔共産主義的見地の種々の発展段階。粗野な平等主義的共産主義と人間主義に合致する社会主義としての共産主義〕- / p126
  • 〔三〕 〔欲求、生産、分業〕-〔私有財生の支配のもと、また社会主義のもとにおける人間の欲求の意味。浪費的な富と産業的な富との相違。市民社会における分業〕- / p149
  • 〔四〕 〔貨幣〕-〔市民社会における貨幣の権力〕- / p178
  • 〔五〕 〔ヘーゲル弁証法と哲学一般との批判〕-〔フォイエルバッハの業績。ヘーゲル哲学の誕生の地である『精神現象学』。ヘーゲル哲学の偉大な点と欠陥〕- / p188
  • 第四 草稿 / p227
  • 〔一〕 〔ヘーゲル『精神現象学』最終章についてのノート〕 / p227
  • 訳注 / p239
  • 訳者解説 / p293

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学・哲学草稿
著作者等 Marx, Karl
城塚 登
田中 吉六
マルクス
書名ヨミ ケイザイガク テツガク ソウコウ
書名別名 Keizaigaku tetsugaku soko
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1964
ページ数 311p
大きさ 15cm
ISBN 4003412427
NCID BN02811509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64003597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想