アジア諸国経済開発の比較研究

山本登 編

[目次]

  • 目次
  • あいさつ 東畑精一 / p1
  • はしがき 山本登 / p1
  • 第1章 東南アジア諸国の経済開発上の問題点 山本登 / p5
  • 第1節 世界経済の転形期と「南北問題」 / p5
  • 第2節 経済開発の前進と所得格差の拡大 / p7
  • 第3節 人口圧力の問題 / p14
  • 第4節 民間部門の重視傾向 / p18
  • 第5節 地域的経済協力問題の志向 / p21
  • 第2章 東南アジア経済開発における政府の役割 恒松制治 / p27
  • 第1節 低開発地域における国家の機能 / p27
  • I 経済力格差と経済開発 / p28
  • II 経済開発における民族主義と政治 / p32
  • 第2節 開発計画と政府の役割 / p36
  • I 国家計画の必要性 / p36
  • II 経済計画と工業化政策 / p39
  • III 開発計画と財政投資 / p43
  • 第3節 経済開発のための政策 / p46
  • I 資本形成に果たす政府の役割 / p46
  • II 経済開発と課税政策 / p51
  • 第3章 東南アジア地域の資本形成における輸出の役割 矢内原勝 / p61
  • 第1節 低開発国の資本形成 / p61
  • I 資本形成と貯蓄 / p61
  • II 資本形成と国際収支 / p64
  • 第2節 低開発国の輸出構造 / p67
  • I 東南アジア諸国の輸出商品 / p67
  • II 一次生産品輸出の問題点 / p74
  • 第3節 開発資金計画と輸出 / p78
  • I 「開発輸入」と輸出 / p78
  • II 輸出経済の形成 / p81
  • 第4節 輸出による強制貯蓄 / p84
  • I 貯蓄・投資・輸出 / p84
  • II 政府の輸出貿易独占 / p86
  • III 輸出税 / p90
  • IV 強制貯蓄の影響と可能性 / p91
  • 第5節 結論 / p94
  • 第4章 アジアの経済開発計画における農・工調整の諸問題 山岡喜久男 / p99
  • はじめに / p99
  • 第1節 マラヤ経済開発計画の重点移行 / p102
  • I 先行の諸開発計画 / p102
  • II 第1次5ヵ年計画の内容 / p104
  • III 第2次5ヵ年計画の目標と特徴 / p109
  • 第2節 インド経済開発計画の重大移行 / p117
  • I 第1次5ヵ年計画の特色 / p117
  • II 第2次5ヵ年計画と重工業優先 / p121
  • III 第3次5ヵ年計画の志向 / p124
  • 第3節 中共経済計画の重点移行 / p134
  • I 集中的国家経済計画 / p134
  • II 第1次5ヵ年計画の成果 / p135
  • III 第2次5ヵ年計画の問題点 / p137
  • おわりに / p144
  • 第5章 東南アジア諸国の農業開発計画の批判的検討 栗本弘 / p147
  • 第1節 経済成長と農業の寄与 / p147
  • I はじめに / p147
  • II 国民所得の成長率とセクター別寄与率 / p149
  • III 計画目標と実績 / p156
  • (1) インド / p156
  • (2) パキスタン / p157
  • (3) フィリピン / p161
  • 第2節 農業開発計画評価の基準 / p164
  • 第3節 農業開発計画の効果の評価 / p172
  • I はじめに / p172
  • II 資本・産出高比率の分析 / p173
  • (1) フィリピン / p174
  • (2) インド / p178
  • III 灌漑計画の効果の検討 / p186
  • (1) インド / p186
  • (2) その他の諸国 / p200
  • 第4節 村落開発計画の検討 / p203

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 アジア諸国経済開発の比較研究
著作者等 アジア経済研究所
山本 登
書名ヨミ アジア ショコク ケイザイ カイハツ ノ ヒカク ケンキュウ
シリーズ名 研究参考資料 ; 第61集
出版元 アジア経済研究所
刊行年月 1964
ページ数 210p
大きさ 25cm
NCID BN02808242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64005654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想