治療教育講義

ルドルフ・シュタイナー 著 ; 高橋巌 訳

最晩年、若い治療教育家たちのために語った12回の講義。人間の性と障害の問題を霊学の立ち場から追求、大きな展望を与える。シュタイナーは障害をもった人の魂の素質がどんなにすぐれたものであるかを、若い頃に身をもって体験し、それがのちの人智学運動の大きな支えになった。「シュタイナー教育」の核心の部分には障害をもった人びととの共同生活があり、それが未来の社会生活のためのひとつの型を示しているのである。本書は、シュタイナーが生涯でただ1度だけ治療教育について包括的に語ったもので、治療教育者にとっての"公教要理"のすべてがここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 治療教育の基本的観点
  • 第2講 本来の魂のいとなみ
  • 第3講 知覚障害と癲癇
  • 第4講 ヒステリーの本質
  • 第5講 硫黄過多の子と硫黄不足の子
  • 第6講 治療教育の実際 その1
  • 第7講 治療教育の実際 その2
  • 第8講 治療教育の実際 その3
  • 第9講 治療教育の実際 その4
  • 第10講 治療教育の実際 その5
  • 第11講 治療教育の実際 その6
  • 第12講 まとめの話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 治療教育講義
著作者等 Steiner, Rudolf
高橋 巌
シュタイナー ルドルフ
書名ヨミ チリョウ キョウイク コウギ
出版元 角川書店
刊行年月 1988.8
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 4048350048
NCID BN02807013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88059611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想