都市づくりからの土地問題"際考"

公文俊平 ほか著

土地利用に関する科学の創造には異なった視点をもつ多領域の際域人の"際考"が唯一の道。土地問題は文化の皮膚癌だ。最後には文化破壊のみならず政治・行政の統治システムを死に至らしめる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 高度情報都市の土地利用を"際考"する(熊田禎宣)
  • 土地政策の現状と展望(田村嘉明)
  • 宅地政策の現状と課題(福本英三)
  • アークヒルズ開発からみた都心開発のあり方(森稔)
  • 高度情報都市づくりにおけるデベロッパーの役割(坪井東)
  • 地価高騰に負けない都心コミュニティづくり(内田茂)
  • エコノミストの提案する土地問題の処方箋-シンポジウム(小沢雅子
  • 竹内宏
  • 香西泰)
  • 地価高騰の実情と対応策-"政際、そして文際"よりみた土地問題(大塚雄司
  • 江頭淳夫
  • 田中啓一)
  • 土地問題は"際"議論が必要(公文俊平
  • 日下公人
  • 福本英三
  • 小沢雅子
  • 熊田禎宣)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市づくりからの土地問題"際考"
著作者等 公文 俊平
日本計画行政学会
書名ヨミ トシズクリ カラノ トチ モンダイ サイコウ
シリーズ名 計画行政叢書 5
出版元 学陽書房
刊行年月 1988.11
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4313290052
NCID BN02803737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89008254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想