荘子

阿部吉雄 著

[目次]

  • 目次
  • 解説
  • 1 二大思想と老荘の特質 / p9
  • 2 荘子とその時代 / p11
  • 3 荘子の書と文学 / p15
  • 4 老子荘子と自然ということ / p17
  • 5 万物一体の哲学 / p22
  • 6 死生観 / p26
  • 7 虚心と坐忘と遊び / p28
  • 8 理想の世界 / p32
  • 9 結び / p36
  • 10 参考書 / p41
  • 本文
  • 1 大鵬南を図る(北冥有魚) 逍遥遊 / p45
  • 2 小大の別(湯之問棘也) / p52
  • 3 無窮に遊ぶ(故夫知効一官) / p54
  • 4 名は実の賓(堯譲天下於許由) / p58
  • 5 はこやの山の神人(肩吾問於連叔) / p61
  • 6 価値の顚倒(宋人資章甫) / p65
  • 7 無用の用(恵子謂荘子曰、魏王) / p66
  • 8 無用の樗牛(恵子謂荘子曰、吾) / p69
  • 9 天籟の妙音(南郭子綦) 斉物論 / p72
  • 10 道は小成に隠る(夫言非吹) / p78
  • 11 朝三暮四(狙公賦茅曰) / p81
  • 12 天地我れと並び生ず(天下莫大於秋毫之末) / p83
  • 13 価値の基準(齧缺間乎王倪) / p85
  • 14 宇宙を小脇に一切を肯定(瞿鵲子問乎長梧子) / p90
  • 15 死と夢のまた夢(予悪乎知悦生之非惑邪) / p94
  • 16 論争の相対性と絶対境(既使我与若辯) / p97
  • 17 影法師問答(罔両問景) / p102
  • 18 胡蝶の夢(昔者荘周) / p104
  • 19 全生保身(吾生也有涯) 養生主 / p105
  • 20 庖丁牛を解く(庖丁為文恵君) / p107
  • 21 一本足の右師(公文軒見右師) / p112
  • 22 死生の超脱(老聃死) / p114
  • 23 心斎(顔回曰、我無以進矣) 人間世 / p118
  • 24 蟷蜋の斧(顔闔将博衛霊公太子。) / p126
  • 25 擽社の樹(匠石之斉) / p131
  • 26 せむしの支離疏(支離疏者) / p136
  • 27 足を切られた王駘(魯有兀者王駘) 徳充符 / p138
  • 28 死生を一条とする無趾(魯有叔山無趾) / p145
  • 29 無類の醜男哀駘它(魯哀公問於仲尼) / p149
  • 30 古の真人(古之真人) 大宗師 / p154
  • 31 魚は江湖に相忘る(泉涸、魚相与処於陸) / p158
  • 32 大塊我れを載するに形を以てす(夫大塊) / p159
  • 33 得道の順序(南伯子葵問乎女偊) / p162
  • 34 天地は大鑪(子祀・子輿・子犂・子来) / p167
  • 35 坐忘(顔回曰、回益矣) / p174
  • 36 渾沌(南海之帝為鯈) 応帝王 / p177
  • 37 羊飼いの臧と穀(臧与穀二人) 駢拇 / p179
  • 38 馬の蹄(馬、蹄可以践霜雪) 馬蹄 / p181
  • 39 古人の糟粕(桓公読書於堂上) 天道 / p187
  • 40 顰にならう(西施病心而) 天運 / p190
  • 41 河の神と海の神との出合い(秋水時至) 秋水 / p191
  • 42 中国もひえつぶ(天下之水) / p194
  • 43 天地も至大にあらず(河伯曰、然…大天地而) / p198
  • 44 大人は己れなし(河伯曰、世之議者皆曰) / p201
  • 45 貴賤小大の区別なし(河伯曰、若物之外) / p205
  • 46 俗に順う者が義(梁麗可以衝城) / p208
  • 47 何をなすべきか(河伯曰、然則我何為乎) / p211
  • 48 その真に帰れ(河伯曰、然則何貴於道邪) / p214
  • 49 夔とむかでと蛇と風との問答(夔憐蚿) / p217
  • 50 孔子、匡に遊ぶ(孔子遊於匡) / p221
  • 51 井戸の中の蛙大海を知らず(公孫竜問於魏牟) / p223
  • 52 荘子濮水に釣る(荘子釣於濮水) / p229
  • 53 ふくろうのおどし(恵子相梁) / p231
  • 54 荘子濠梁のほとりに遊ぶ(荘子与恵子) / p232
  • 55 荘子の妻の死(荘子妻死) 至楽 / p235
  • 56 髑髏の楽しみ(荘子之楚) / p237
  • 57 酔える者の墜車(子列子問関尹曰) 達生 / p241
  • 58 船乗りの神技(顔淵問仲尼曰) / p245
  • 59 桓公の気の病(桓公田於沢) / p248
  • 60 木鶏(紀渻子為王養闘鶏) / p252
  • 61 名工梓慶(梓慶削木為鐻) / p253
  • 62 荘子大木を見る(荘子行於山中) 山木 / p256
  • 63 市南宜僚の建徳国(市南宜僚見魯候) / p260
  • 64 雕陵の荘周(荘周遊乎雕陵之樊) / p266
  • 65 美女と醜女(陽子之宋宿於逆旅) / p270
  • 66 真の画工(宋元君将画図) 田子方 / p271
  • 67 不射の射(列禦寇為伯昏無人射) / p273
  • 68 新生の小牛(齧缺問道於被衣) 知北遊 / p275
  • 69 道は屎溺にあり(東郭子問荘子曰) / p277
  • 70 轍の鮒(荘周家貧) 外物 / p280
  • 71 宋元君と神亀(宋元君夜半而夢) / p282
  • 72 大地は無用か(恵子謂荘子曰) / p286
  • 73 言葉と意味(筌者所以在魚) / p287
  • 74 蝸牛角上の争い(戴晉人曰) 則陽 / p289
  • あとがき / p293

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 荘子
著作者等 阿部 吉雄
書名ヨミ ソウシ
シリーズ名 中国古典新書
出版元 明徳出版社
刊行年月 1968
ページ数 294p
大きさ 20cm
ISBN 4896192133
NCID BN02803282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68010834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想