近世日本と日中貿易

任鴻章 著

近世初頭、日中両国は西力東漸の衝撃を受け、日本は鎖国、中国は閉関をしてヨーロパの商業資本を閉め出した。以来、日中両国は国交のないまま、双方を主な貿易国としたが、中世以来の伝統的な貿易形態を克服できず、ヨーロッパ諸国のような国家の商業資本の発達を促進させなかった。それが近世のアジアがヨーロッパに立ち遅れた原因の一つであることを指摘する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 近世初期日本の国際貿易
  • 第1章 江戸幕府の鎖国と日中貿易
  • 第2章 日清長崎信牌貿易制の確立
  • 第3章 海外への窓口-長崎
  • 第4章 長崎貿易における清政府の独占
  • 第5章 清政府の商船輸出入管理
  • 第6章 日中貿易の品目
  • 終章 近世日中・日蘭貿易の比較

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世日本と日中貿易
著作者等 任 鴻章
書名ヨミ キンセイ ニホン ト ニッチュウ ボウエキ
シリーズ名 東アジアのなかの日本歴史 4
出版元 六興
刊行年月 1988.12
ページ数 339, 11p
大きさ 21cm
ISBN 4845380943
NCID BN02802337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89014452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想