バビロニアの科学

マルグリット・リュッタン 著 ; 矢島文夫 訳

[目次]

  • 目次
  • 第一部 古代バビロニア人の『思想』-『カルデア人』の遺産 / p7
  • 第一章 先駆者たち / p7
  • 一 『カルデア人』の名声 / p7
  • 二 カルデア人、『神聖科学の管理人』 / p8
  • 三 科学的研究 / p10
  • 四 メソポタミアの諸民族 / p13
  • 五 歴史の要約 / p14
  • 第二章 思想の表現 / p17
  • 一 言葉と文字 / p17
  • 二 絵文字 / p22
  • 三 音節分解法 / p22
  • 四 楔形文字の解読 / p24
  • 五 シュメール語 / p27
  • 六 楔形文字解読の発展の要約 / p28
  • 第三章 選良階級の形成 / p35
  • 一 書記 / p35
  • 二 書庫の構成と分類法 / p39
  • 三 語原学の試み / p41
  • 四 ベロッソス / p42
  • 第四章 もろもろの信条 / p48
  • 一 教理と方法 / p48
  • 二 人間の運命についてのもろもろの大問題 / p55
  • 三 人間の『道徳的』責任・大罪の告白 / p62
  • 第五章 運命に対する闘争の構成 / p64
  • 一 もろもろの調査手段 / p64
  • 二 反撃 / p73
  • 第六章 もろもろの方法 / p82
  • 一 医学の誕生 / p82
  • 二 医術と医師たち / p91
  • 第二部 知るということ-諸科学の誕生 / p95
  • はじめに / p95
  • 第七章 時制と暦法の組織化 / p95
  • 一 予備的観念 / p95
  • 二 バビロニアの暦法 / p96
  • 三 新月 / p101
  • 四 復活祭とバビロニアの正月元日 / p103
  • 第八章 占星術 / p106
  • カルデアの占星術 / p108
  • ギリシア・ラテンの著述家たち / p108
  • バビロニアのテキスト / p116
  • 金星の観測 / p120
  • 獣帯 / p121
  • 食 / p121
  • プトレマイオスの「宝典」 / p124
  • 恒星間の距離 / p125
  • 観測 / p126
  • 観測の型 / p127
  • 器具 / p128
  • 第九章 数学 / p130
  • 一 数の記号体系 / p130
  • 二 バビロニア人の数学 / p134
  • 三 測度の表記 / p139
  • 四 分数 / p141
  • 五 逆数表 / p142
  • 六 割算 / p144
  • 七 平方数、平方根 / p144
  • 八 幾何学 / p148
  • 結論 / p154
  • 訳者あとがき / p157
  • 文献 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 バビロニアの科学
著作者等 Rutten, Marguerite
矢島 文夫
マルグリット・リュッタン
書名ヨミ バビロニア ノ カガク
書名別名 Babironia no kagaku
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1962
ページ数 158p
大きさ 18cm
ISBN 4560053162
NCID BN02794498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62003144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想