近代プロイセン国家成立史序説 : その中央集権化過程における領主制と等族制とについて

高柳信一 著

[目次]

  • 目次
  • 問題の所在 / p1
  • 第一篇 序論-中世の支配權に關する一般的序論 / p7
  • 第一章 支配權の二系列 / p10
  • 第一節 領主裁判權 / p10
  • 第二節 國主の裁判權 / p30
  • 第三節 二つの支配權系列の混淆 / p43
  • 第二章 領主權力の解體と再編成 / p56
  • 第一節 莊園制の解體 / p56
  • 第二節 裁判領主制 / p66
  • 第三節 等族制 / p85
  • 第四節 ランデスヘルシャフト / p112
  • 第二篇 プロイセンにおける中央集權國家の成立 / p125
  • 第一章 マルクグラーフシャフト / p125
  • 第一節 東ドイツ植民 / p125
  • 第二節 邊境國家 / p145
  • 第三節 Feudalisierung / p152
  • 第二章 テリトリアールシュタート / p169
  • 第一節 オーブリヒカイトの再興-ランデスホーハイト- / p169
  • 第二節 二元的國家-ラントシュテンデ制- / p187
  • 第三節 領主制の構造轉換-グーツヘルシャフト- / p221
  • 第四節 地方行政・司法組織 / p262
  • 第三章 中央集權國家 / p282
  • 第一節 二元の克服とグーツヘルシャフトの完成 / p282
  • 第二節 中央集權國家の制度的支柱-Landratsamt od.Kreisverfassung- / p311
  • あとがき / 卷末
  • 索引 / 卷末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代プロイセン国家成立史序説 : その中央集権化過程における領主制と等族制とについて
著作者等 東京大学社会科学研究所
高柳 信一
書名ヨミ キンダイ プロイセン コッカ セイリツシ ジョセツ : ソノ チュウオウ シュウケンカ カテイ ニ オケル リョウシュセイ ト トウゾクセイ トニ ツイテ
シリーズ名 東京大学社会科学研究所研究叢書 ; 第7冊
出版元 有斐閣
刊行年月 1954
版表示 復刻版
ページ数 327p
大きさ 22cm
ISBN 4641049475
NCID BN02792710
BN02977884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55001308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想