技術開発論 : 日本の技術開発メカニズムと政策

斎藤優 著

今、科学技術を制するものが世界を制する時代。産業技術の多角化、巨大化、国際化の進むなかで、なぜ、どのように、どんな技術が開発されるべきか。そのための開発資源は何か。N・R理論と豊富・貴重な実態調査を基に、開発メカニズムと政策の解明に挑戦する意欲的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 技術開発の理論的パラダイム-N・R関係分析
  • 第2章 技術開発のための創造力
  • 第3章 わが国産業の技術開発構造-技術開発資源(R)の面から
  • 第4章 技術ニーズの展開と産業の対応-技術開発ニーズ(N)の面から
  • 第5章 技術開発主体の行動と戦略-大企業を中心にして
  • 第6章 技術開発主体の行動と戦略-中小企業を中心にして
  • 第7章 技術開発の多角化
  • 第8章 技術開発の国際化
  • 第9章 技術開発の巨大化と国際協力
  • 第10章 戦後日本の技術開発政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 技術開発論 : 日本の技術開発メカニズムと政策
著作者等 斎藤 優
書名ヨミ ギジュツ カイハツロン
書名別名 Gijutsu kaihatsuron
出版元 文真堂
刊行年月 1988.11
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 4830936584
NCID BN02787845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89017552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想