中国古代史論

宮崎市定 著

中国の古代史の上にはじめて都市国家の存在を証明し、中国の古代史像を鮮明に浮彫りした力篇。司馬遷の『史記』を歴史と文化・説話に関わらせながら、古代の政治と市民生活のパフォーマンスを眼前に彷彿させてくれる名篇など、歴史を見る目のしなやかさに定評ある著者の、およそ半世紀にわたる古代史研究の精萃。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中国古代史概論
  • 中国城郭の起源異説
  • 中国上代は封建制か都市国家か
  • 中国における聚落形体の変遷について
  • 戦国時代の都市
  • 漢代の里制と唐代の坊制
  • 史記優孟伝
  • 身振りと文学
  • 史記李斯列伝を読む
  • 游侠に就て
  • 漢末風俗
  • 私の中国古代史研究歴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国古代史論
著作者等 宮崎 市定
書名ヨミ チュウゴク コダイシロン
シリーズ名 平凡社選書 125
出版元 平凡社
刊行年月 1988.10
ページ数 331p
大きさ 20cm
ISBN 4582841252
NCID BN02785828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89008124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想