知の風景 : 続・近代ヨーロッパ思想史の周辺

水田洋 著

思想の社会的存在形態をふくめた、トータルな思想史のためのエスキス。思想の生産の場としての大学・学派、伝達者としての編集者など。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アダム・スミスとロバート・バーンズ
  • アダム・スミス蔵書の行方
  • エディンバラの行方
  • エディンバラのコンスタン
  • エディンバラを敵として
  • 須多因先生
  • 学派の形成と消滅-新カント派
  • 国民人名事典の編集者-レズリー・スティーヴン
  • ブリュッセル自由大学と思想の自由
  • インドにきたマルクス
  • ペンギン50年
  • フランクフルト番外地-社会研究所の人びと
  • イギリスのファシズム-サー・オズワルド・モズリー
  • 複製芸術と宣伝-フランス・マゼレール
  • 反体制資料の収集-アムステルダム社会史国際研究所
  • スペインを愛したイギリス人-ブレナンの死
  • 亡命のスペイン人たち-カザルスのことなど
  • ガリマール書店のドイツ人-ベルンハルト・グレートゥイゼン
  • 国際労働者救援組織-"赤いハースト"ミュンツェンベルク
  • パリのレジスタンス
  • ピエロ・スラッファの遺産
  • 思想史の風景
  • 思想史の書きかえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知の風景 : 続・近代ヨーロッパ思想史の周辺
著作者等 水田 洋
書名ヨミ チ ノ フウケイ
書名別名 Chi no fukei
出版元 筑摩書房
刊行年月 1988.10
ページ数 188, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4480854673
NCID BN02785318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89009448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想