東京風俗志

平出鏗二郎 著

明治中期、洋風が定着してゆく過渡期の東京。"風俗は社会人心の表章なり"と明言する著者が描き出す、風土、人情、宗教、迷信、年中行事、容儀服飾、飲食店、興行物…。挿図全172点入。

「BOOKデータベース」より

解説: 朝倉治彦;底本: 国立国会図書館所蔵の3冊本 (上巻: 明治32年刊, 中巻: 明治34年刊, 下巻: 明治35年刊)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 風土及び市井の有様
  • 第2章 社会の組織及び其情態
  • 第3章 人情道徳及び教育
  • 第4章 宗教及び迷信
  • 第5章 年中行事
  • 第6章 住居及び家什雑具
  • 第7章 容儀服飾
  • 第8章 飲食及び料理店
  • 第9章 婚姻、出産、葬祭
  • 第10章 歌舞音楽及び諸興行物
  • 第11章 遊嬉賞翫

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 上の巻
  • 第一章 風土及び市井の有様 / 15
  • 第二章 社会の組織及び其情態 / 23
  • 第一節 市政及び市民の階級 / 23
  • 第二節 営生諸業 / 29
  • 第三章 人情道徳及び教育 / 52
  • 第一節 人情道徳-江戸ッ児気質 / 52
  • 第二節 教育 / 56
  • 第四章 宗教及び迷信 / 63
  • 第一節 宗教 / 63
  • 第二節 神社仏閣 / 66
  • 第三節 祭礼、賽日、及び開帳 / 75
  • 第四節 迷信 / 92
  • 中の巻
  • 第五章 年中行事 / 109
  • 第一節 一月 / 109
  • 第二節 二月、三月、四月、五月 / 117
  • 第三節 六月、七月 / 123
  • 第四節 八月、九月 / 131
  • 第五節 十月、十一月、十二月 / 136
  • 第六章 住居及び家什雑具 / 144
  • 第一節 住居 / 144
  • 第二節 家什雑具 / 153
  • 第三節 舟車 / 156
  • 第七章 容儀服飾 / 162
  • 第一節 容儀 / 163
  • 第二節 服飾 / 171
  • 第八章 飲食及び料理店 / 184
  • 下の巻
  • 第九章 婚姻、出産、葬祭 / 197
  • 第一節 婚姻 / 197
  • 第二節 出産及び老幼の祝儀 / 201
  • 第三節 葬祭 / 204
  • 第十章 歌舞音楽及び諸興行物 / 211
  • 第一節 音楽 / 211
  • 第二節 舞曲 / 220
  • 第三節 演劇 / 224
  • 第四節 相撲 / 233
  • 第五節 寄席及び観せ物 / 238
  • 第十一章 遊嬉賞翫 / 246
  • 第一節 遊嬉 / 246
  • 第二節 児戯 / 261
  • 第三節 巷歌童謡 / 273
  • 第四節 四季の遊賞 / 283
  • 解題(朝倉治彦)
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東京風俗志
著作者等 平出 鏗二郎
書名ヨミ トウキョウ フウゾクシ
シリーズ名 生活の古典双書 ; 14
出版元 八坂書房
刊行年月 1975
版表示 〔新装版〕
ページ数 328p (図共)
大きさ 20cm
ISBN 4896941144
NCID BN02785045
BN0634844X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73012205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想