切支丹灯籠の信仰

松田重雄 著

密告を避けるため、十字架に代る切支丹灯篭やマリア観音像など仮託礼拝物を創造してその堅い信仰を守りぬいた、潜伏キリシタンの信仰形態の研究に取り組んで40年。斯界の権威が全国各地に点在する遺跡・遺物を科学的な態度で注意深く点検し、その意味を解き明かした。幕府の弾圧にも怯まず信仰を貫いた潜伏キリシタンの仮託礼拝物の研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 切支丹灯篭分類一覧表
  • 切支丹迫害史と信仰の変転
  • 切支丹灯篭と織部灯篭
  • 織部重勝の謎を解く
  • 切支丹灯篭の流れ
  • 切支丹灯篭の二重信仰
  • 切支丹灯篭の学説と考証
  • 切支丹灯篭の形体と構造
  • 庶民信仰と二重信仰
  • 秘奥をさぐる拓本
  • 家紋と家系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 切支丹灯籠の信仰
著作者等 松田 重雄
書名ヨミ キリシタン ドウロウ ノ シンコウ
書名別名 Kirishitan doro no shinko
出版元 恒文社
刊行年月 1988.10
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 4770406886
NCID BN02779213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89033221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想