一般相対論的宇宙論

成相秀一, 富田憲二 著

今日の宇宙論の発展のためには、アインシュタインによって提唱された一般相対性理論と、ハッブルによって発見された宇宙の一様な膨張の理論の2つの事象が必要不可欠の要素である。本書は正に、この2つの土台の上に立つ理論を、最近の発展も盛りこんで平易かつ総括的に解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ビッグバン宇宙論の確立まで
  • 第2章 宇宙の階層構造
  • 第3章 宇宙モデル
  • 第4章 一様・等方的宇宙における観測量
  • 第5章 重力レンズ
  • 第6章 宇宙の熱史
  • 第7章 非一様性の力学
  • 第8章 銀河形成
  • 第9章 膨張宇宙における粒子生成と宇宙の量子化
  • 特論1 Bianchi型一様空間の分類
  • 特論2 ゲージ不変重力不安定性
  • 特論3 早期宇宙
  • 特論4 無衝突粒子系の一般相対論的力学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一般相対論的宇宙論
著作者等 富田 憲二
成相 秀一
書名ヨミ イッパン ソウタイロンテキ ウチュウロン
シリーズ名 物理学選書 19
出版元 裳華房
刊行年月 1988.11
ページ数 270p
大きさ 22cm
ISBN 4785323205
NCID BN02776532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89013100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想