いのちの尊厳

日野原重明 [ほか]著

「医療と宗教を考える会」は、全国にわたって宗教を重視する医師、看護婦やソーシャル・ワーカーらが、仏教、キリスト教、神道などの各派の宗教家と共に広い立場から生と死を考えようとして生まれた集いである。ここにまとめられた生と死を医療と宗教の立場からとり上げた論文は、毎月のこの会合で発表されたものである。この種類のまとまった論文がのせられた出版物は、日本ではこれが最初と考えてよいと思う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 病と死と文学(生老病死と現代医学
  • 死と問う文学
  • 病を見つめる文学)
  • 知性と祈り-東洋の智恵から(不合理のなかに生きて
  • 合理性のもとに見失われるもの
  • 絶望のなかで聞いた浄らかな言葉
  • 部分しか見ない医療への疑問
  • 患者の日常性へのアプローチ
  • 東洋的体質と西洋的合理性の葛藤
  • 生老病死と医療のかかわり)
  • 医療の構造の中における倫理・宗教(技術に追いまくられる現代社会
  • 難病といわゆる生命操作
  • 生命の尊厳を守る医療チームの形成
  • 健やかな老いと宗教的情操
  • 人間らしい活動と倫理の向上
  • 問われる宗教の義務)
  • 宗教の生理学と病理学(医師と患者の信頼関係
  • 笑いをとりいれた医学療法
  • 宗教儀式と生理的現象
  • 宗教活動と精神的な影響
  • 患者の身になった医療のあり方
  • 宗教的体験と自己存在の意義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちの尊厳
著作者等 日野原 重明
中川 米造
医療と宗教を考える会
坂上 正道
重兼 芳子
書名ヨミ イノチ ノ ソンゲン
書名別名 医のこころを問う

Inochi no songen
シリーズ名 医療と宗教を考える叢書
出版元 同朋舎
刊行年月 1988.9
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 481040689X
NCID BN02773669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89003219
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想