日本の雇用の展開過程

三治重信 著

[目次]

  • 目次
  • 叙述の概要
  • 第1章 戦前における就業者の増加と過剰就業の状況
  • 第1節 経済発展と就業構造の近代化 / p7
  • 第2節 生産年齢人口の増加とその吸収分野 / p9
  • 第3節 労働力給源としての農業及び新規労働力 / p24
  • 第4節 労働市場の動向と過剰就業 / p33
  • 第5節 戦時中の雇用の変貌 / p61
  • 補論 戦時下の労務動員体制について / p74
  • 第2章 戦後における雇用・労働市場の動向
  • 第1節 経済回復の足どり / p100
  • 第2節 戦後における労働力供給の特質 / p108
  • 第3節 戦後雇用増加の特徴 / p113
  • 補論 雇用の趨勢と失業対策の状況(昭和22年国勢調査による) / p131
  • 補論 わが国の雇用構造をめぐる諸問題 / p136
  • 第4節 労働市場の変化と失業の動向 / p146
  • 補論 失業保険制度の現状 / p168
  • 第3章 経済の高度成長と雇用構造の変貌
  • 第1節 雇用構造の変貌 / p184
  • 第2節 構造的変化の内部における問題点 / p232
  • 第4章 地域別就業構造の変貌と労働力移動
  • 第1節 人口・労働力の地域的集中と地域間所得格差の拡大 / p270
  • 第2節 労働力流動の実態とその変貌 / p289
  • 第3節 地域別就業構造の変貌と問題点 / p314
  • 第4節 地域経済の発展と地域労働市場の変貌 / p337
  • 第5章 雇用政策の方向
  • 第一節 今後の労働力需給の見通し / p353
  • 第2節 雇用政策の基本的課題 / p373
  • 第3節 雇用政策の方向 / p432
  • 補論 職業紹介の理論 / p484
  • 補論 失業対策の現状と問題点 / p492
  • 第4節 雇用に関する基本方策の樹立 / p502
  • 附章 地域別産業別雇用計画試案
  • 第1節 計画作成の意図 / p509
  • 第2節 計画の内容 / p512
  • 1 計画の目標 / p512
  • 2 計画期間 / p512
  • 3 地域 / p512
  • 4 産業 / p512
  • 5 計画の前提 / p512
  • 6 計画の内訳 / p513
  • 第3節 計画作成作業の基本方針 / p513
  • 1 概要 / p513
  • 2 労働供給 / p514
  • 3 労働需要 / p519
  • 4 府県間労働異動 / p529
  • 第4節 計画の結果の概要 / p532
  • 1 概要 / p532
  • 2 労働供給 / p534
  • 3 労働需要 / p535
  • 4 府県間労働異動 / p536
  • 第5節 計画の結果表 / p537

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の雇用の展開過程
著作者等 三治 重信
書名ヨミ ニホン ノ コヨウ ノ テンカイ カテイ
出版元 労務行政研究所
刊行年月 1964
ページ数 558p
大きさ 22cm
NCID BN02767611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64013643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想