私の昭和史

加藤周一 編

庶民にとって、昭和とはどのような時代だったのか。希望にみちた未来を、秘めた初恋を語り合った友の戦死。青春を踏みにじられた朝鮮人元従軍慰安婦の慟哭。戦後のつかのまの明るさを経て訪れた豊かな社会の中での家庭崩壊の不安…。さまざまな想いをこめた証言は読む者の心を打つ。創刊50年記念論文入選作15篇に編者の序文を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ある伝言
  • 渚の55年
  • 鮮烈な記憶
  • 八路軍と共に8年
  • 一台湾人の昭和史
  • 闇に消える同時代史
  • つかの間の明るさ
  • 小さな新聞記事
  • 戦争・レッドパージ・がん
  • 女87年を生きる
  • 空白の部分
  • 幻想家族
  • ある技術者の軌跡
  • 熱帯医遍歴
  • 一畳半の女たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の昭和史
著作者等 加藤 周一
書名ヨミ ワタクシ ノ ショウワシ
シリーズ名 別冊
岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.12
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 4004390028
NCID BN02763337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89016356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想