医学モデルを超えて

エリオット・G.ミシュラー 他著 ; 尾崎新 [ほか]訳

本書は、社会に対して影響力をもち、逆に社会の側からも影響される医学自身を「社会的文脈」の中に据えて論じている。生物学的モデルを超えるために必要な視点を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 視点-生物医学モデルの批判的展望
  • 第2章 社会の中の患者
  • 第3章 経済変動と失業-その疾患との関連
  • 第4章 保健医療の社会的役割
  • 第5章 医師-患者関係
  • 第6章 病気の社会的構図
  • 第7章 らい病者になること-病気の社会的構造に関するケーススタディ
  • 第8章 医療システム-その社会的関連と重要性
  • 第9章 医学における機械という比喩
  • 第10章 結論として-健康と医学についての新しい視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医学モデルを超えて
著作者等 Mishler, Elliot George
尾崎 新
アマラシンハム ローナ
ウェクスラー ナンシー・E.
オシャーソン サミュエル
ハウザー スチュアート・T.
リーム ラムゼイ
三宅 由子
丸井 英二
ミシュラー エリオット・G.
書名ヨミ イガク モデル オ コエテ
書名別名 Social contexts of health,illness,and patient care

医療へのメッセージ
出版元 星和書店
刊行年月 1988.7
ページ数 452p
大きさ 19cm
ISBN 4791101707
NCID BN02762695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89013147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想