現代憲政の運用

吉野作造 著

本書は昭和史の開幕期(昭和2‐3年)の政治社会において,憲政運用の実際に学問的な批判を加えた政論である。昭和2年、大山郁夫の労働農民党首就任問題で提起された「大学教授と政党員の両立不両立」論では、学問の研究と教育と政治活動の関連を明晰に論示している。小川平吉問責問題では、政治的責任の意義を説きつつ、道得的責任とそれを混同すべからざること断乎として言う。また、松島遊廊事件における政党と利権のつながり、その賄賂の醜汚不義を衝く政治道得的批判は、政論の基本的姿勢を示し、現在との対比でも興味深い。大正デモグラシーのもつ精神の世界へ開かれた態度と日本ナショナリズムの見事な結晶であるといえよう

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 昭和初年の政界の推移
  • 学的考察を要する二三の問題
  • 警戒を要すべき二三の問題
  • 我々の観る支那問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代憲政の運用
著作者等 吉野 作造
書名ヨミ ゲンダイ ケンセイ ノ ウンヨウ
シリーズ名 Misuzu reprints 15
出版元 みすず書房
刊行年月 1988.9
版表示 〔複刻版〕
ページ数 491p
大きさ 20cm
ISBN 4622026856
NCID BN02761149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89005582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想