宮崎円遵著作集  第6巻

宮崎円遵著作集編集委員会 編

本書は、昭和24年に刊行された単著『真宗書誌学の研究』を土台とし、さらに後年に著述した真宗書誌関係の論著を附加して一巻にとりまとめたものである。第1部は親鸞書誌に関する論稿を輯録し、第2部は親鸞歿後の教団の書誌に関する研究を集めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(真宗書誌学とその研究
  • 親鸞聖人書誌
  • 親鸞聖人御消息集について
  • 三帖和讃
  • 浄土論註
  • 親鸞の和讃-三帖和讃
  • 三帖和讃の成立に関する諸問題
  • 三帖和讃の編成と聖徳太子讃仰
  • 一百十四首太子和讃の写伝本と原形
  • 『正像末和讃』の成立過程
  • 正像末和讃私記)
  • 第2部(浄土三部経の延書
  • 「文讃」について
  • 拾遺古徳伝の諸問題
  • 最須敬重絵の指図書
  • 諸神本懐集の底本の問題
  • 室町時代における『正信偈』の註疏
  • 真宗書誌学上における蓮如の地位)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮崎円遵著作集
著作者等 宮崎 円遵
福間 光超
書名ヨミ ミヤザキ エンジュン チョサクシュウ
書名別名 真宗書誌学の研究
巻冊次 第6巻
出版元 思文閣
刊行年月 1988.10
ページ数 501p
大きさ 22cm
ISBN 4784205217
NCID BN02760237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89006772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
真宗書誌学の研究 福間 光超
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想