タイの労働事情 : 日系企業の労務管理の実状

日本労働協会 編

今日、特にタイへの直接投資の集中が目立っており、わが国にとり同国の重要性が急速に高まっている。しかしタイに集中し、同国内における経済的プレゼンスが増大するほど、日本企業が労使関係上の摩擦を生む可能性は高まる。したがってタイ国に進出する日系企業は、これまで以上に雇用管理、労使関係に気をつかい、経営を進めていく必要があるだろう。そのためには、まず同国の労働事情に関する正確な資料・情報が必要であり、その役割の一端でも果たせればと考え、本書の作成にあたった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 経済・労働市場の動向(社会・経済動向と工業政策
  • 労働市場の動向
  • 人造り政策
  • 労使関係制度と労働組合)
  • 第2部 タイ企業の人事管理と人造り政策(経営状況と経営課題
  • 労働力の質と構造の特徴
  • 採用管理
  • 人事制度と昇進管理
  • 賃金管理
  • 教育訓練と人造り政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タイの労働事情 : 日系企業の労務管理の実状
著作者等 日本労働協会
日本労働協会 (1958年)
日本労働研究機構
書名ヨミ タイ ノ ロウドウ ジジョウ
出版元 日本労働協会
刊行年月 1988.10
ページ数 257p
大きさ 19cm
ISBN 4538250287
NCID BN02755168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89004453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想