風土の日本 : 自然と文化の通態

オギュスタン・ベルク 著 ; 篠田勝英 訳

自然を神の高みに置くかと思えば、無謀な自然破壊を平気でやってのける日本人。この自己矛盾をささえている日本人の風土とは一体何だろうか?和辻哲郎『風土』をその方法においてついに乗り越えた記念碑的著作。フランス日本学の最高成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 気象
  • 第2章 山水
  • 第3章 草木
  • 第4章 野生の自然、構築された自然
  • 第5章 自然の現われ出る裂け目
  • 第6章 住まう(habiter)、景化する(payser)
  • 第7章 もうひとつの自然、もうひとつの存在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風土の日本 : 自然と文化の通態
著作者等 Berque, Augustin
篠田 勝英
ベルク オギュスタン
書名ヨミ フウド ノ ニホン
書名別名 Le sauvage et l'artifice

Fudo no nihon
出版元 筑摩書房
刊行年月 1988.9
ページ数 370p
大きさ 20cm
ISBN 4480854568
NCID BN02730043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89004443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想