バッハへの新しい視点

角倉一朗 編

現在第一線で活躍する8人の研究者による"バッハ論"10篇。デュル、ダーデルゼンらの革命的研究の成果をふまえ、単に作曲家であっただけでなく、優れた編曲者、類い稀なる聖書解釈者、そして敬虔なルター派信者であったバッハの様々な面に光をあて、新たなる全体像を描き出す。また最近のバッハ演奏の主流になりつつあるアーノンクール、レーオンハルトらの活動にも言及し、現代におけるバッハの意味を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 伝記研究の諸問題(角倉一朗)
  • 第2章 新しい年代研究とその後-教会カンタータを中心に(東川清一)
  • 第3章 バッハの真作と偽作(樋口隆一)
  • 第4章 バッハの編曲技法(尾山真弓)
  • 第5章 「コンチェルト」をめぐる諸問題(三宅幸夫)
  • 第6章 《マタイ受難曲》の成立をめぐって(樋口隆一)
  • 第7章 《フーガの技法》をめぐる諸問題(角倉一朗)
  • 第8章 バッハ演奏の地平と展望(市川信一郎)
  • 第9章 バッハと象徴、そして修辞学(礒山雅)
  • 第10章 バッハの宗教性-十字架の神学のパトスとエートスの終未論的普遍主義への展開(杉山好)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バッハへの新しい視点
著作者等 角倉 一朗
書名ヨミ バッハ エノ アタラシイ シテン
書名別名 Bahha eno atarashii shiten
出版元 音楽之友社
刊行年月 1988.9
ページ数 209, 15p
大きさ 20cm
ISBN 4276222354
NCID BN02728620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88059876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想