アイヌの秋

ヤン・ハヴラサ 著 ; 長与進 訳

本書はチェコ人作家ヤン・ハヴラサの日本旅行記『日本の秋 わが生涯の断片』から、北海道紀行に関連する個所を選んで翻訳したものである。原書は5部構成になっているが、訳出した部分は、第1部「横浜からの手紙」の後半の3章と、第3部「滅びゆく民族のもとで」の全6章にあたる。訳出に際して、各章に通し番号をふした。ハヴラサは夫人とともに1912年(明治45年)5月に来日し、翌年の春まで丸1年間わが国に滞在して、各地を旅行した。訳出した滞在日記の日付は、1912年(大正元年)秋のものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 八王子へのドライブ-横浜10月7日
  • 第2章 滅びゆく民族を求めて-横浜10月9日
  • 第3章 事物の魂と形式-横浜10月18日
  • 第4章 民族とはスタイルなり-大沼10月27日
  • 第5章 火山の入江にて-長万部10月28日
  • 第6章 飢えた巨人の第一歩-札幌10月31日
  • 第7章 4日間のアイヌの国散策-登別温泉11月5日
  • 第8章 沸きたつ火山の噴火口にて-登別温泉11月6日
  • 第9章 土蜘蛛とそのほかの謎-横浜11月12日
  • 参考資料(北海道
  • アイヌ
  • 蝦夷の概説
  • コロポク・グルあるいは北日本の穴居生活者)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイヌの秋
著作者等 Havlasa, Jan
長与 進
ハヴラサ ヤン
書名ヨミ アイヌ ノ アキ
書名別名 日本の先住民族を訪ねて

Ainu no aki
出版元 未来社
刊行年月 1988.9
ページ数 248p
大きさ 20cm
ISBN 4624410653
NCID BN02726578
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89002973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想