ある強盗事件の軌跡 : アメリカの刑事司法

ディヴィッド・クランプ, ウィリアム・J.マーテンス 著 ; 井上正仁 監訳

本書は、従来の手法による刑事法教育を補うものとして、法学生たちに刑事手続について具体的・実際的なイメージを抱かせるとともに、個別の法律問題をも刑事司法全体のコンテクストの下に位置付けることによって、その意義を有機的・実質的に理解させようという意図で編まれたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 犯罪、逮捕および捜査
  • 第2章 訴追の手続き弁護人の選任
  • 第3章 公判前手続
  • 第4章 公判
  • 第5章 刑の量定
  • 第6章 上訴および有罪判決後の救済手続
  • 第7章 刑の執行

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある強盗事件の軌跡 : アメリカの刑事司法
著作者等 Crump, David
Mertens, William J.
Mertens, William James
井上 正仁
マーテンス ウィリアム・J.
クランプ ディヴィッド
書名ヨミ アル ゴウトウ ジケン ノ キセキ
書名別名 The story of a criminal case
出版元 有斐閣
刊行年月 1988.8
ページ数 193p
大きさ 24cm
ISBN 4641040982
NCID BN02698268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88059505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想