いま、子を育てること

毛利子来 著

"子どもの問題は、おとなの生き方と、恐ろしいほど深いところでつながっている"と考える著者が、自分史を重ねて綴る、人間味あふれる育児論。生活環境が大きく変ったいま、診察室のなかだけでは子どもの病気を治せないと、自ら青空保育の実践にとりくみ、子を育てる意味を、思いをこめてとらえなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 わが子とわたし
  • 2 町の小児科医として
  • 3 保育にかかわってから
  • 4 「おひさまの会」を始めて
  • 5 子育てへの回帰
  • 6 子を育てることの意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま、子を育てること
著作者等 毛利 子来
書名ヨミ イマ コ オ ソダテルコト
書名別名 小児科医の自分史から
出版元 筑摩書房
刊行年月 1977.9
ページ数 217p
大きさ 19cm
ISBN 4480020586
NCID BN02697458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77023523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想