ユング心理学の応用

林道義 編

ユング心理学は、どのような応用の可能性があるのだろうか。本書は、ジャン=ジャック・ルソー、エドワルド・ムンク、グノーシス主義、海幸彦・山幸彦物語、土偶、鬼などをテーマに、その可能性を具体的に示してみせたものである。文学・思想・芸術等の作品分析、あるいは神話・宗教・昔話に現われるシンボル解釈を通じて、われわれは人間理解をいっそう深めることができるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ルソーの清明と暗闇
  • 2 グノーシス主義の光と闇
  • 3 海幸彦・山幸彦物語の心理的構造-日本型英雄像としての山幸彦
  • 4 心的象徴としての土偶
  • 5 鬼の元型心理学
  • 6 ムンクにおける母性と父性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユング心理学の応用
著作者等 林 道義
書名ヨミ ユング シンリガク ノ オウヨウ
出版元 みすず書房
刊行年月 1988.8
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 4622023555
NCID BN02689755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88058248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想