和議

東西倒産実務研究会 編

東西の弁護士が倒産実務処理上のノウハウをはじめて公開!!和議の保全処分をとるには、保全処分後開始決定前の債務の取扱い、和議条件はどのようにして作るか、金融機関債権者の対策は、等々-東京、大阪の実情と問題点を関係書式と共に明らかにする。東京方式・大阪方式倒産実務研究シリーズの1巻目。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 和議の成立
  • 2 保全処分-弁済禁止保全処分
  • 3 保全期間中の申立代理人の役割
  • 4 債権者対策
  • 5 従業員対策
  • 6 取引先対策
  • 7 保全処分後和議開始までに負担した債務
  • 8 小口債権の取扱い
  • 9 和議条件
  • 10 清算型和議
  • 11 和議開始後和議債権者集会までに申立代理人がなすべきこと
  • 12 金融機関債権者対策
  • 13 別除権者との協定
  • 14 別除権者の不足額の届出
  • 15 営業継続に不可欠な個人資産についての担保債権者対策
  • 16 債権者側としてなすべきこと
  • 17 和議整理委員の役割
  • 18 和議管財人の役割
  • 19 和議債権者集会
  • 20 認可
  • 21 不適切な和議
  • 22 履行確保
  • 23 報酬・予納金

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和議
著作者等 東西倒産実務研究会
書名ヨミ ワギ
シリーズ名 特別和議法 1
東京方式・大阪方式-倒産実務研究シリーズ 1
出版元 商事法務研究会
刊行年月 1988.9
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 4785704349
NCID BN02687385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90000339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想