レーガンとゴルバチョフの対話

高橋正雄 著

米・ソ関係は世界の政治経済に大きな影響を与える。ワシントン会談以降の米・ソ関係とモスクワ会談をうらなう書。レーガンとゴルバチョフの架空対談。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジュネーヴにて(西の島のルーツ
  • 東の島のルーツ
  • 裁定はあるか)
  • レイキャビクにて
  • ワシントンにて
  • 附論「白い鬼」と「赤い鬼」のはざまで-貧困と動乱の地『インドシナからの報告』は、人間として感銘深い実態報告である

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レーガンとゴルバチョフの対話
著作者等 高橋 正雄
書名ヨミ レーガン ト ゴルバチョフ ノ タイワ
書名別名 Regan to gorubachofu no taiwa
出版元 学文社
刊行年月 1988.4
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 4762002968
NCID BN02683726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88036858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想