講座家族心理学  第5巻

長谷川 浩【編】

第5巻では、病気や老いそして死という人間にとって普遍的な体験に注目し、それらにかかわる現代家族の問題点を考察する。これらの危機的状況に対して、現代の家族はどのような脆さを持っているのか。その危機を乗り切るには、現代の家族に何が必要なのか。あるいは、病・老・死への取組みから、どのような家族の再生が可能なのか。弱体化しつつあるとされる現代の家族に対して、どのような医療的・社会福祉的援助が必要とされるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 健康・病気をめぐる家族の諸問題(こころとからだの健康と家族
  • 妊産婦の精神衛生と家族の問題
  • 慢性疾患患者と家族-セルフケアと介助ケア
  • 先天性心疾患児をかかえた家族
  • 腎移植をめぐる家族の問題)
  • 第2部 老いと死をめぐる家族の諸問題(長寿社会の到来と家族の問題-成熟社会への期待と不安
  • 老人をめぐる家族の諸問題
  • 老人医療・福祉施設からみた家族の問題)
  • 第3部 家族援助にかかわる諸問題(末期ケアと家族
  • ホームケアにおける家族の問題
  • 家族援助に果たす医療者の役割-ソーシャルワーカーの立場から
  • 死別と哀悼過程への心理的援助
  • 「家族への援助」をめぐる宗教家の発言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座家族心理学
著作者等 長谷川 浩
書名ヨミ コウザ カゾク シンリガク
書名別名 生と死と家族

Koza kazoku shinrigaku
巻冊次 第5巻
出版元 金子書房
刊行年月 1988.10
ページ数 284p
大きさ 21cm
ISBN 4760893059
NCID BN02677020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89003102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
生と死と家族 長谷川 浩
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想