山の音

川端康成 作

敗戦直後の荒廃した世情のなかで、深い倦怠と疲労に自身の老いを自覚する信吾。老妻や息子夫婦と起居をともにしながら孤独を感じさせられる家庭にあって、外に女をもつ長男の嫁菊子に対する信吾の哀憐の情は、いつしかほのかな恋にも似た感情に変わってゆく。その微妙な心のひだをとらえた戦後川端文学の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山の音
著作者等 川端 康成
書名ヨミ ヤマ ノ オト
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.10
版表示 〔改版〕
ページ数 339p
大きさ 15cm
ISBN 4003108140
NCID BN00966617
BN02674306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89007579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想