五行思想と礼記月令の研究

島邦男 著

本書は中国古代に於ける五行思想の成立発展と、この思想が残した文化的遺産である礼記月令の研究を目的としたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 五行説の成立(五行の成立
  • 五行説の成立)
  • 第2章 五行説の展開(終始五徳説
  • 陰陽主運説)
  • 第3章 呂氏春秋十二紀首章の成立(原始十二紀
  • 漢初十二紀)
  • 第4章 礼記月令の成立(漢初十二紀以降の時令
  • 礼記月令と呂氏十二紀)
  • 第5章 漢代の五行説(漢初の五行観
  • 土王説と五行相生説
  • 陰陽五行説の成立)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 五行思想と礼記月令の研究
著作者等 島 邦男
書名ヨミ ゴギョウ シソウ ト ライキ ゲツレイ ノ ケンキュウ
シリーズ名 礼記
出版元 汲古書院
刊行年月 1971
ページ数 344p
大きさ 22cm
ISBN 4762922145
NCID BN02670393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74009419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想