アイヌ民話

工藤梅次郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • この頃のアイヌ / 1
  • 熊送り / 20
  • 口琵琶 / 23
  • 彼等の記憶力 / 24
  • ありし世の物語 / 27
  • シペ物語 / 28
  • カナメの跡 / 33
  • 神々の雪合戰 / 35
  • 陸地は斯くして / 38
  • 犬から血をひく / 38
  • 福壽草 / 39
  • 女神の呪ひ / 40
  • フリの失敗 / 41
  • 夜には働くな / 42
  • 魔の神の最期 / 43
  • 三星と六星 / 45
  • おそろしい石 / 46
  • 黒毛の鹿 / 47
  • 生き殘る風の神 / 47
  • 鹿と兎 / 49
  • 白羽の矢 / 49
  • ふくろとイケマ / 51
  • 獵の門出に / 52
  • 地獄に迷ふ / 53
  • はりと變事 / 54
  • 山靈に化す / 55
  • 米が出來ぬ / 55
  • 裸むぎの由來 / 56
  • 神樣のお怒り / 57
  • 猫の執念 / 58
  • メコとカメ / 59
  • 暦法が無い / 59
  • 金の珠 銀の珠 / 62
  • うば百合 / 73
  • ほととぎす / 74
  • お月樣の惡戯 / 75
  • 腰が凍てつく / 77
  • 鳥の實が一杯 / 79
  • 失戀から酒樽へ / 80
  • 母の語らひ / 82
  • 子守唄 / 85
  • 雲の神さま / 86
  • 川傳へに戰ふ / 89
  • 偉い警句をはく / 90
  • 厚岸の蠣島 / 91
  • 姉に恨まれた妹 / 91
  • 日の女神を救ふ / 93
  • お月樣生き返れ / 97
  • 烏の鬼攻め / 98
  • 學問の無い理由 / 99
  • 鳩のなき聲 / 100
  • 鯨肉の美しい娘 / 101
  • 慾張り爺さん / 103
  • 魔神滅多斬らる / 105
  • 雷神の落下 / 108
  • 神さまの惠み / 109
  • 川うそと狐 / 111
  • 雨乞ひの犠牲者 / 112
  • 偉丈夫サカナ / 116
  • 唯一の尊い祈り / 137
  • 多獲の上にも / 138
  • 燃ゆる戀情 / 139
  • 逢ひ引きの唄 / 142
  • 半穴居の小人 / 148
  • 靈鳥 / 148
  • カケスは好い鳥 / 149
  • 不思議の女 / 150
  • 眼の惡鬼除け / 153
  • 伏古の神居沼 / 155
  • メノコ城 / 158
  • 戰勝の地旅來 / 168
  • 無線電話 / 170
  • 寶のやり取り / 171
  • 不思議な湖 / 172
  • 野火を喰止む / 173
  • 和人雪に斃る / 174
  • 水に苦む嫌侶 / 176
  • 奇しき大盃 / 176
  • 美しい樓殿 / 177
  • 千里眼 / 179
  • 辨慶日、十勝は好い國 / 180
  • かしわの大樹 / 181
  • 帶廣川の昔と今 / 183
  • 熊を誘殺する處 / 184
  • 名無しの川 / 185
  • 成程ニシパ / 185
  • 湧洞湖 / 186
  • かうして名づく / 186
  • 徳川の樹 / 187
  • 風の起る藥 / 188
  • 鈴蘭の花敷で / 188
  • 口先が曲る迄 / 190
  • 小神居古潭 / 191
  • カン助翁と鋭峯 / 192
  • 天文學 / 194
  • 地震をかう思ふ / 196
  • ワケオツテナの娘 / 197
  • 禿の三太郎 / 201
  • ああ背の君 / 203

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 アイヌ民話
著作者等 工藤 梅次郎
書名ヨミ アイヌ ミンワ
出版元 工藤書店
刊行年月 大正15
ページ数 220p
大きさ 20cm
NCID BN02667275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43048067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想