封建社会の基本法則 : ソ同盟歴史学界の論争と成果

山岡亮一, 木原正雄 編

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一編 封建的土地所有にかんする討論 / p1
  • 一 封建的所有の問題にかんする学術討論会 エヌ・エヌ・ギュルジャン / p3
  • 二 封建的所有と経済外的強制にかんするマルクス・レーニン主義の古典 エス・デ・スカスキン / p16
  • 三 ロシアにおける封建的所有の基本的発展段階-十七世紀まで-(前半) エリ・ヴェ・チェレープニン / p34
  • 第二編 封建的構成体の基本法則にかんする論爭 / p49
  • 一 封建時代における階級闘争の問題-ベ・エフ・ポルシネフの論文について- イェ・ア・コスミンスキー / p51
  • 二 編集部への手紙 ベ・エフ・ポルシネフ / p91
  • 三 封建制度の基本的経済法則の問題によせて ベ・エフ・ポルシネフ / p103
  • 四 封建的構成体の基本的経済法則について エム・エヌ・メイマン エス・デ・スカスキン / p133
  • 五 封建制度の基本的経済法則の問題 エフ・ヤ・ポリャンスキー / p175
  • 六 封建制度の基本的経済法則にかんする問題の審議 / p189
  • 七 封建的構成体の基本的経済法則について-討論の総括によせて- / p216
  • 第三編 イギリス史にかんする論爭 / p233
  • 一 一一-一五世紀のイギリスにおける封建地代形態の進化 イェ・ア・コスミンスキー / p235
  • 二 一七世紀のイギリス・ブルジョア革命の二、三の論争問題 ヴェ・エム・ラヴロフスキー / p274
  • 三 一七世紀前半のイギリスの新貴族とヨーマンリの社会的な本性について エム・ア・バルク ヴェ・エム・ラヴロフスキー / p309
  • 第四編 ロシア史にかんする論爭 / p331
  • 一 ロシアにおける封建的所有の基本的発展段階-一七世紀まで-(後半) エリ・ヴェ・チェレープニン / p333
  • 二 ロシアにおける封建制度の基本的経済法則の作用について ペ・ヴェ・スネサレフスキー / p369
  • 三 ロシアの封建制度について / p380
  • 「封建社会の基本的経済法則」覚え書-論争の経過と二、三の問題について- 山岡亮一 / p387
  • 論文目録 / p429
  • 人名索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 封建社会の基本法則 : ソ同盟歴史学界の論争と成果
著作者等 山岡 亮一
木原 正雄
書名ヨミ ホウケン シャカイ ノ キホン ホウソク : ソドウメイ レキシ ガッカイ ノ ロンソウ ト セイカ
書名別名 Hoken shakai no kihon hosoku
出版元 有斐閣
刊行年月 1956
ページ数 437p
大きさ 21cm
NCID BN02661858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56007401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想