正倉院

東野治之 著

「海のシルクロード」を旅した宝物、輸入品が長らく国産品といわれていた謎、そして屏風の下貼に使われていた輸入品購入申請書が語るものは何か-。著者は、正倉院にまつわる興味深いエピソードを紹介しながら、古代の日本が外国文化を採り入れ享受していった様子をたどり直し、秘められた日本文化の深層を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 シルクロードとガラスの坏
  • 2 樹下美人図の下貼
  • 3 輸入品と国産品
  • 4 三彩を作った人々
  • 5 香木の旅
  • 6 染料と薬の来た道
  • 7 法隆寺と正倉院
  • 8 地下の正倉院
  • 9 正倉院の近代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正倉院
著作者等 東野 治之
書名ヨミ ショウソウイン
書名別名 Shosoin
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.10
ページ数 198, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4004300428
NCID BN02659368
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89009863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想