32ビット・パソコン入門 : パソコン新時代を見通す

林晴比古 著

32ビットマシンの登場によって、パソコンは「かつてのミニコンを凌ぐ」能力を持つようになった。ハードウェアだけでなく、OS、プログラミング言語などのソフトウェアを含めて、16ビット時代から32ビット時代へのパソコン環境の変化を、初心者にもナットクできるコトバで解説した入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦略としてのパソコン
  • 32ビットの世界の可能性
  • パソコンの心臓部 32ビット・マイクロプロセッサ
  • ソフトウェア資源を支えるオペレーティング・システム
  • プログラムを作るプログラミング言語
  • 32ビット・パソコンの活用
  • 32ビット・パソコンへの接近法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 32ビット・パソコン入門 : パソコン新時代を見通す
著作者等 林 晴比古
書名ヨミ サンジュウニビット パソコン ニュウモン
書名別名 Sanjunibitto pasokon nyumon
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1988.9
ページ数 243, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4061327429
NCID BN02658456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89001997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想