痛みとはなにか : 人間性とのかかわりを探る

柳田尚 著

痛みはよくからだの警報信号といわれるが、それだけが痛みの役割ではない。警報信号として役立たず、苦痛のみを与える痛みがあり、また、からだのなかに原因となる病気や傷害がないのに、本人が痛みを訴えつづける「慢性痛」という痛みもある。痛みは生理的な現象であると同時に、「心」や人間性にかかわる複雑な性質をもっている。痛みをなくすことは治療の第一の目的であるのに、痛みは現代医療のなかでいまなお放置され、誤解されている。痛みの正確な診断や適切な治療は、まず痛みの本質を知ることから始めなければならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 痛み-その未知なるもの
  • どのような感覚を痛みとして表現しているか
  • 痛みは果たして警報信号か
  • 痛みの多面鏡
  • 痛みのメカニズム
  • 慢性痛(痛み症候群)という新しい概念
  • 痛みを消すための努力
  • 痛みへの総合的な挑戦
  • 痛みの研究
  • 誰もが「痛み」とは無縁ではあり得ない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 痛みとはなにか : 人間性とのかかわりを探る
著作者等 柳田 尚
書名ヨミ イタミ トワ ナニカ
書名別名 Itami towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1988.9
ページ数 240, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4061327488
NCID BN02657781
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89001904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想