消費税を検証する

宮智宗七 著

大平内閣当時の「一般消費税」構想から中曽根「売上税」、そして今次の竹下内閣の「消費税」提案に至る間、大型間接税は税制改革の主役であり続けた。筆者は、導入の必要性を認めながらも、登場して来る新税の中身には常に強い疑問や懸念が消えない、現実の「政治」の中ではスジ論の表明が不可能に近い、抜き読み型の"改革"では必ずゆがみやひずみを生じる、との立場から、今回の税制改革を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「大平改革」から「竹下改革」へ(挫折の歴史をふり返る
  • 議論になりにくい「改革」論議
  • 戦術だけがいつも先行している
  • 「租税体系」改革ということの意味)
  • 第2部 「竹下改革」のもたらすもの(これは「消費」税なのか
  • 「広く薄く」にムラが多い
  • 所得税負担はどう変わるか
  • ライフサイクルの中の所得・資産課税
  • 日本経済に何をもたらすのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費税を検証する
著作者等 宮智 宗七
書名ヨミ ショウヒゼイ オ ケンショウスル
書名別名 「生きた経済」の中の税制改革
出版元 中央経済社
刊行年月 1988.8
ページ数 336p
大きさ 20cm
ISBN 4481816546
NCID BN02655786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88056146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想