プロイセン絶対王政の研究

阪口修平 著

[目次]

  • 序章 西ドイツにおける絶対主義研究の動向
  • 第1部 身分制の研究-18世紀クールマルクを中心に(クライス身分の構成と身分制的諸機関
  • クライス身分の諸権能
  • 一般国家行政に対する身分の影響)
  • 第2部 身分制と官僚制(身分制と国家形成
  • フリードリヒ大王期における官僚制の性格の変化)
  • 第3部 軍隊と社会(軍隊と農村社会1-カントン制度を通じて
  • 軍隊と農村社会2-1740年のGravaminaを通じて
  • 軍隊と都市-駐屯軍と駐屯都市の分析
  • 啓蒙の世紀-後進国の近代化を中心に)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p9
  • まえがき / p1
  • 序章 西ドイツにおける絶対主義研究の動向 / p1
  • はじめに / p1
  • 第一節 絶対主義の概念 / p2
  • 第二節 身分制と絶対主義-制度史上の問題点 / p8
  • 第三節 絶対主義の段階と類型 / p16
  • 第四節 絶対主義の諸条件 / p22
  • まとめ / p30
  • 第一部 身分制の研究-一八世紀クールマルクを中心に
  • 問題提起 / p33
  • 第一章 クライス身分の構成と身分制的諸機関 / p39
  • 第一節 クライス / p39
  • 第二節 クライス身分の構成 / p44
  • 第三節 クライス議会 / p49
  • 第四節 Das Kurmärkische Kreditwerk / p52
  • 第二章 クライス身分の諸権能 / p56
  • 第一節 ラントラートの選出 / p56
  • 第二節 ラントラートの課題と役割 / p71
  • 第三節 クライス財政 / p85
  • 第三章 一般国家行政に対するクライス身分の影響 / p97
  • 第一節 農業政策 / p99
  • 第二節 財政 / p107
  • 第三節 騎士領地に関する問題 / p112
  • 第四節 司法 / p117
  • まとめ / p131
  • 第二部 身分制と官僚制
  • 第四章 身分制と国家形成 / p135
  • 問題提起 / p135
  • 第一節 統治と行政 / p143
  • 第二節 中央行政 / p146
  • 第三節 州行政 / p149
  • 第四節 クライス行政 / p159
  • まとめ / p163
  • 第五章 フリードリヒ大王期における官僚制の性格の変化 / p167
  • 問題提起 / p167
  • 第一節 フリードリヒ・ヴィルヘルム一世治下の官吏任用規準 / p173
  • 第二節 フリードリヒ大王期における官吏任用規準の変化 / p177
  • 第三節 試験制度の導入とその特徴 / p183
  • まとめ / p187
  • 第三部 軍隊と社会
  • 問題提起 / p193
  • 第六部 軍隊と農村社会(一)-カントン制度を通じて / p198
  • 第一節 軍隊と国政 / p198
  • 第二節 カントン制度とその成立過程 / p203
  • 第三節 軍隊と農村における社会生活 / p208
  • 小括 / p216
  • 第七章 軍隊と農村社会(二)-一七四〇年のGravaminaを通じて / p218
  • 第一節 Gravaminaの史料的意義 / p218
  • 第二節 軍隊と農村社会 / p221
  • 小括 / p231
  • 第八章 軍隊と都市(一)-駐屯軍と駐屯都市の分析 / p236
  • 第一節 カントン制度と都市 / p238
  • 第二節 駐屯地としての都市 / p241
  • 第三節 都市人口と軍事人口 / p244
  • 第四節 帰休兵 / p251
  • 第五節 登録者 / p255
  • 小括 / p257
  • 第九章 軍隊と都市(二) / p259
  • 第一節 都市と国家 / p259
  • 第二節 軍隊と都市経済(一) / p261
  • 第三節 軍隊と都市経済(二) / p267
  • 第四節 宿営とServis / p271
  • 第五節 軍隊と都市の社会生活 / p274
  • まとめと啓蒙絶対主義への展望 / p279
  • 終章 啓蒙の世紀-後進国の近代化を中心に / p283
  • はじめに / p283
  • 第一節 一七、八世紀のヨーロッパ / p284
  • 第二節 プロイセンの近代化 / p290
  • 第三節 ハプスブルク帝国とロシアの近代化 / p299
  • あとがき / p307
  • 欧文参考史料文献目録 / p13
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 プロイセン絶対王政の研究
著作者等 阪口 修平
書名ヨミ プロイセン ゼッタイ オウセイ ノ ケンキュウ
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1988.9
ページ数 309, 25p
大きさ 22cm
ISBN 4805741198
NCID BN02655072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89000348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想