日本の食生活全集  6

日本の食生活全集・山形編集委員会【編】

この本は、大正の終わりから昭和の初めのころの山形県の食生活を再現したものです。各地域の食についての調査・取材の協力者は、昭和初期に食事つくりにたずさわってこられた主婦の方々を中心にしました。それらの方々から聞き書きしたものを、一般にわかりやすく書いたものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 村山盆地の食-でんがくと刈上げもちにみる盆地の味わい
  • 村山山間の食-ひょう干し、菜漬煮は山間の味
  • 県北最上の食-うさぎがとれれば、どぶろくで酒盛り
  • 県南置賜の食-鷹山公の教えを今に伝える水田地帯
  • 庄内平野の食-米よし、酒よし、魚よし、米どころの食
  • 飛島の食-豊富な海産物を米に換える
  • 庄内山間の食-月山山麓の山の恵み、川の恵み
  • 山形の歴史風土と食事
  • 人の一生と食べもの
  • 山形の食とその背景
  • 山形の食 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の食生活全集
著作者等 五十鈴川 寛
日本の食生活全集山形編集委員会
木村 正太郎
高垣 順子
四釜 澄子
柏倉 愛子
池田 姚子
熊木 キミ
石原 梅子
軽部 秀子
日本の食生活全集・山形編集委員会
書名ヨミ ニホン ノ ショクセイカツ ゼンシュウ
書名別名 聞き書山形の食事
巻冊次 6
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1988.10
ページ数 357, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4540880446
NCID BN02654943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89001863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
聞き書山形の食事 「日本の食生活全集 山形」編集委員会
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想