ゲシュタルト心理学の原理

クルト・コフカ 著 ; 鈴木正弥 監訳

[目次]

  • なぜ、心理学なのか
  • 行動とその場-心理学の課題
  • 環境場(問題、間違った解決の論破、正しい解決の一般的公式化
  • 視覚的体制化とその法則
  • 図と地、枠組み
  • 恒常性
  • 3次元空間と運動)
  • 行為(反射、自我、執行
  • 適応行動、態度、情動、および意志)
  • 記憶(痕跡理論の基礎、理論編
  • 痕跡理論の基礎、実験編と理論の完成)
  • 学習と他の記憶機能
  • 社会とパーソナリティ
  • 結論

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 なぜ、心理学なのか
  • 2章 行動とその場:心理学の課題
  • 3章 環境場:問題、間違った解決の論破、正しい解決の一般的公式化
  • 4章 環境場:視覚的体制化とその法則
  • 5章 環境場:図と地、枠組み
  • 6章 環境場:恒常性
  • 7章 環境場:3次元空間と運動
  • 8章 行為:反射、自我、執行
  • 9章 行為:適応行動、態度、情動、および意志
  • 10章 記憶:痕跡理論の基礎、理論編
  • 11章 記憶:痕跡理論の基礎、実験編と理論の完成
  • 12章 学習と他の記憶機能1
  • 13章 学習と他の記憶機能2
  • 14章 社会とパーソナリティ
  • 15章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲシュタルト心理学の原理
著作者等 Koffka, Kurt
鈴木 正弥
コフカ クルト
書名ヨミ ゲシュタルト シンリガク ノ ゲンリ
書名別名 Principles of Gestalt psychology
出版元 福村
刊行年月 1988.10
ページ数 845p
大きさ 22cm
ISBN 457121023X
NCID BA38334261
BN02654240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89002867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想