労働基準法

労働省労働基準局 編著

本書は、労働省労働基準局において第一線労働基準監督官のよるべき解釈として通達されているいわゆる解釈例規を中心として解説することとし、解釈例規の主要なものはほとんど全部収録し、さらに裁判例、学説についても、できるだけ多く引用することを努めた。

「BOOKデータベース」より

本書の内容を常に最新のものとするため、労働基準法令の改正に応じ改訂が行われてきたが、近年においては、平成9年に、満18歳以上の女性について時間外及び休日労働並びに深夜業の規制を解消すること等を内容とする法改正が行われ、平成10年には、労働契約期間の上限の延長、労働契約締結時に書面で明示すべき事項の拡大、1年単位の変形労働時間制の要件の見直し、時間外労働の限度に関する基準の設定、企画業務型裁量労働制の創設、年次有給休暇の付与日数の引上げ、都道府県労働基準局長による紛争解決援助制度の創設等を内容とする法改正がが行われた。このほか、労働基準法に係る多くの裁判例も出されている。本書は、これらの法令の改正、解釈の見直し等に対応して、新版を刊行することとなったものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(労働基準法の意義
  • 労働基準法の概要
  • 沿革
  • 改正経過
  • 関係法令等)
  • 本論(総則
  • 労働契約
  • 賃金
  • 労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本論(安全及び衛生
  • 年少者
  • 女子
  • 技能者の養成
  • 災害補償
  • 就業規則
  • 寄宿舎
  • 監督機関
  • 雑則
  • 罰則)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本論(安全及び衛生
  • 年少者
  • 女性
  • 技能者の養成
  • 災害補償
  • 就業規則
  • 寄宿舎
  • 監督機関
  • 雑則
  • 罰則)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(労働基準法の意義
  • 労働基準法の概要
  • 沿革
  • 改正経過
  • 関係法令等)
  • 本論(総則
  • 労働契約
  • 賃金
  • 労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働基準法
著作者等 労働省労働基準局
書名ヨミ ロウドウ キジュンホウ
シリーズ名 労働法コンメンタール 3
出版元 労務行政研究所
刊行年月 1983.3
版表示 3訂新版.
ページ数 2冊
大きさ 22cm
ISBN 4845200384
NCID BA30889386
BA4669695X
BA61329003
BN00483872
BN02653179
BN02904643
BN03794245
BN05486958
BN05717110
BN06712848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83028937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想