分子の構造をきめる

G.M.バロウ 著 ; 島田章 訳

[目次]

  • 目次
  • はじめに / p1
  • 1 輻射線と分子のエネルギー / p3
  • 1.1 輻射線の性質 / p4
  • 1.1.1 輻射線の波動性 / p4
  • 1.1.2 輻射線の粒子性 / p7
  • 1.1.3 Planckの関係式と電磁波のスペクトル / p8
  • 1.2 輻射線吸収測定法の概要 / p10
  • 1.3 分子のエネルギー / p14
  • 1.3.1 併進運動によるエネルギー / p14
  • 1.3.2 回転運動によるエネルギー / p17
  • 1.3.3 振動運動によるエネルギー / p18
  • 1.3.4 分子内電子によるエネルギー / p19
  • 1.4 分子エネルギーに対する量子制限 / p20
  • 1.5 Boltzmann分布 / p23
  • 1.6 分子分光学の種類 / p25
  • まとめ / p26
  • 練習問題 / p26
  • 2 回転スペクトルと分子の大きさ,形 / p29
  • 2.1 回転分子による輻射線吸収の測定方法 / p29
  • 2.2 普通の大きさの物体の回転 / p32
  • 2.3 量子制限--二原子分子の回転 / p36
  • 2.4 回転スペクトルと二原子分子の結合距離 / p40
  • 2.5 輻射線と回転分子との相互作用 / p45
  • 2.6 ほかの分子への方法の拡張 / p47
  • 2.7 補遺 / p51
  • まとめ / p53
  • 練習問題 / p55
  • 3 振動スペクトルと分子の変形性 / p59
  • 3.1 赤外線スペクトル領域の実験方法 / p60
  • 3.2 ボールとバネとの系の振動 / p62
  • 3.3 二原子分子の振動エネルギー / p67
  • 3.4 二原子分子の振動スペクトルと力の定数 / p70
  • 3.5 分子振動の振幅 / p73
  • 3.6 赤外線の吸収機構 / p74
  • 3.7 多原子分子の振動スペクトル / p75
  • 3.8 化学結合と位置エネルギー関数 / p80
  • まとめ / p83
  • 練習問題 / p84
  • 4 二原子分子の回転‐振動の同時運動 / p87
  • 4.1 振動-回転運動をする分子のエネルギー / p87
  • 4.2 気体状二原子分子の回転‐振動スペクトル / p88
  • 4.3 回転‐振動吸収帯の各成分スペクトルの相対強度 / p92
  • 4.4 回転‐振動吸収帯の非対称性 / p95
  • まとめ / p101
  • 練習問題 / p102
  • 5 分子内電子の配置変化によるスペクトル / p103
  • 5.1 電子配置の異なる二原子分子のエネルギー / p103
  • 5.2 電子遷移--振動エネルギーの変化の影響 / p107
  • 5.3 電子および振動遷移に伴う回転エネルギー変化の解析 / p110
  • 5.4 大きい分子の電子スペクトル / p112
  • 5.5 二重結合をもつ炭化水素の電子スペクトル / p113
  • 5.6 非結合電子による電子スペクトル / p118
  • 5.7 金属イオンの電子スペクトル / p120
  • 5.8 電荷移動スペクトル / p127
  • まとめ / p130
  • 練習問題 / p131
  • 6 励起分子のエネルギーの放出または散逸 / p133
  • 6.1 無輻射性のエネルギー移動過程 / p134
  • 6.2 光のけい光散射 / p139
  • 6.3 光のりん光散射 / p142
  • まとめ / p145
  • 記号の解説 / p146
  • 索引 / p149

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 分子の構造をきめる
著作者等 Barrow, Gordon M
Barrow, Gordon M.
島田 章
G.M.バロウ
書名ヨミ ブンシ ノ コウゾウ オ キメル
書名別名 Bunshi no kozo o kimeru
シリーズ名 化学モノグラフ ; 1
出版元 化学同人
刊行年月 1965
ページ数 153p
大きさ 21cm
ISBN 4759803017
NCID BN02640541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65001441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想